老化を防ぐ秘密はプロテイン?高齢者のための栄養補助食品!

その他

高齢者の健康状態は、筋肉量の減少や骨密度の低下などの影響を受けやすいため、適切な栄養摂取が重要です。特に、プロテインは筋肉や骨の維持に重要な栄養素として注目されていますが、摂取にはメリットだけでなくデメリットも存在します。

元気老人の秘訣!プロテインがもたらす高齢者の健康メリット

1. 筋肉量と機能の維持・改善

プロテインは筋肉合成を促進し、筋肉量や筋力を維持・改善する効果がある(Paddon-Jones et al., 2004)。

2. 骨密度の維持

プロテインはカルシウムの吸収を促進し、骨密度の維持に役立つ(Bonjour et al., 2009)。

3. 栄養摂取不足の補完

高齢者は食欲や嗜好の低下により栄養摂取が不足しがちであるため、プロテインは必要な栄養素を補うのに役立つ。

適切なプロテイン摂取量

高齢者における適切なプロテイン摂取量は、体重1キログラム当たり1〜1.2グラムが推奨されています(Deutz et al., 2014)。ただし、個人の健康状態や運動量、目標によって異なるため、医師や栄養士に相談することが重要です。

高齢者におけるプロテインのデメリット

1. 過剰摂取によるリスク

過剰なプロテイン摂取は腎臓への負担を増加させる可能性があります(Martin et al., 2005)。

2. 特定の疾患との関連性

プロテイン摂取が特定の疾患(例:腎臓病)と関連している可能性があるため、医師の指導を受けることが重要です。

プロテインの摂取方法

プロテインは食事から摂取する方法やサプリメントとして摂取する方法があります。食事から摂取する場合は、肉類、魚介類、乳製品などのタンパク質を豊富に含む食品を選ぶと良いでしょう。また、サプリメントを利用する際には、摂取量や摂取方法に注意してください。

注意すべきポイント

1. 薬との併用による影響

一部の薬物とプロテインの摂取が相互作用を引き起こす可能性があるため、医師に相談することが重要です。

2. アレルギーのリスク

プロテインにはアレルギーを引き起こす可能性があるため、アレルギーを持っている場合は注意が必要です。

まとめ

適切なプロテイン摂取は、高齢者の健康維持に役立つことが示唆されています。ただし、摂取量や方法には注意が必要であり、医師や栄養士の指導を受けながら摂取することが重要です。

理学療法士がオススメする高齢者向けプロテイン

1. THE PROTEIN シニアプロテイン (武内製薬)

武内製薬 から、国内初のシニア向けプロテイン「 THE PROTEIN シニアプロテイン おいしいミルク風味 」が発売されました。

THE PROTEIN シニアプロテインは、タンパク質に加え、栄養機能食品として訴求しているカルシウムとビタミンDを補給することができる商品です。

THE PROTEIN シニアプロテインは、シェイカーを使用しなくてもコーヒーや紅茶に混ぜて飲むなど日常生活に取り入れてもらえるように開発された、シニア向けのプロテインです。

タンパク質だけでなく、骨の形成を助けるカルシウム、ビタミンDでも栄養機能食品を訴求している商品です。

また体内に善玉菌を増やすことで腸内環境のバランスを整え、臓器の炎症を防ぎ、老化防止が期待できる植物性乳酸菌が約100億個(計算値)も含まれています。

2. ボディサポ (サントリーホールディングス)

50代からの無理のない筋肉づくりをサポート!

高純度・高たんぱくプロテインWPIと体づくりを効率よくサポートする5つの成分を配合したプロテイン配合サプリメント。おいしさにもこだわっており、さっぱりとした柑橘風味です。

いくつになっても好きなことを楽しみたい・いつまでもチャレンジし続けたいという50代からの無理のない筋肉づくりをサポートします。

3. CSPP1 速吸プロテインカゼインショートペプチドGoldenExpress (アクトファイブ)

必要なたんぱく質をタイムリーに補給!

カゼインペプチドを更に分解し、体にとって効率よく吸収されるショートペプチドを90パーセント以上含有する、日本初上陸のカゼインプロテイン。

必要なたんぱく質をタイムリーに供給でき、パフォーマンスをサポートする頼もしい一品です。健康的な引き締まった体を目指す人は注目してみてください。

適正量なら体によいプロテインも、飲みすぎるとタンパク質の過剰摂取につながる可能性が。タンパク質は体内で分解されて窒素となり、腎臓・肝臓の働きによって体外に尿として排出されます。タンパク質を過剰摂取すると多くの窒素を尿にして排出しなければいけないため、腎臓や肝臓にかかる負担が大きくなってしまいます。腎臓や肝臓への負担を考慮し、持病を持っている人はプロテインの使用前に主治医に相談してください。

とはいえ、あくまでもプロテインは栄養補助食品。タンパク質の1日の摂取目標量は、身体活動レベルがふつうの前期高齢者男性で90~120g、活動レベルが低い後期高齢者女性で53~70gです(参考:厚生労働省)。タンパク質に耐容上限量は設定されておらず、通常の摂取範囲でデメリットは少ないといえます。

また、年齢・性別・身体活動レベルによって目標値は異なりますが、十分な食事によってタンパク質が摂取できている人にとって、プロテインは必要ありません。普段の食生活を見直したうえでプロテインを購入するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました