看護師国家試験対策!ちょっと息抜きに復習をしてみよう。パート2

看護関連

看護師国家試験の出題範囲は、、、

■人体の構造と機能
■疾病の成り立ちと回復の促進
■健康支援と社会保障制度
■基礎看護学
■成人看護学
■老年看護学
■小児看護学
■母性看護学
■精神看護学
■在宅看護論及び看護の統合と実践

となっています。

今回は、【疾病の成り立ちと回復の促進】から50個の問題を考えました。

もしよければ、復習だと思ってやってみてください!

数多くの合格者が出てくれることを祈っています!


問題1:

患者が感染性疾患に罹患した場合、どの細胞が通常最初に免疫応答を開始するか?

A) T細胞
B) B細胞
C) 好中球
D) 赤血球
E) プラズマ細胞

解答: C) 好中球

解説:
感染性疾患において、好中球は最初の免疫応答を提供します。好中球は血液中に存在し、感染症の病原体に対して迅速かつ非特異的な防御を行います。これは炎症反応の一部として、感染巣に移動し、細菌やウイルスを摂取・破壊することが含まれます。

問題2:

2型糖尿病患者の典型的な病態生理学的特徴は何ですか?

A) インスリンの分泌不足
B) インスリン抵抗性の低下
C) 膵島の過剰なインスリン分泌
D) グルコースの過度な吸収
E) 脂肪細胞の減少

解答: B) インスリン抵抗性の低下

解説:
2型糖尿病は、主にインスリン抵抗性が増加することによって特徴づけられます。これは細胞が正常に反応せず、インスリンに対する感受性が低下する状態です。結果として、血糖値が上昇し、高血糖の症状が現れます。

問題3:

患者が炎症性関節疾患を発症した場合、どのような生理学的変化が関与する可能性が高いですか?

A) 腎臓の機能低下
B) 肝臓の酵素産生の亢進
C) 免疫系の過敏症
D) 血小板の減少
E) 赤血球の異常増殖

解答: C) 免疫系の過敏症

解説:
炎症性関節疾患(例: リウマトイド・アルトリチス)は、免疫系が関節組織を攻撃する自己免疫疾患です。これにより、関節に慢性的な炎症が生じ、組織の損傷が進行します。免疫系の過敏症が炎症を引き起こし、関節における破壊的な変化が生じる特徴的な病態生理学的プロセスです。

問題4:

患者が急性冠症候群を経験した場合、どのような生理学的メカニズムが心筋梗塞を引き起こす可能性が高いですか?

A) 冠動脈の拡張
B) 血小板凝集の亢進
C) 血漿中のカルシウム濃度の上昇
D) 心臓の収縮力の減少
E) 肺動脈の狭窄

解答: B) 血小板凝集の亢進

解説:
急性冠症候群、特に心筋梗塞は、通常、冠動脈の血流が急激に阻害されることによって引き起こされます。これは血小板凝集が関与しています。血小板が損傷した血管内皮に付着し、凝集することで血栓が形成され、冠動脈が閉塞されます。心筋に対する血液供給が不足するため、心筋梗塞が発生します。

問題5:
患者が慢性腎臓病を患った場合、どのような問題が通常起こる可能性が高いですか?

A) 血圧の低下
B) 赤血球の過剰な産生
C) 尿中のタンパク質の損失
D) 腎小管の過度なナトリウム吸収
E) 尿中の尿素濃度の上昇

解答: C) 尿中のタンパク質の損失

解説:
慢性腎臓病では、腎臓の機能が進行的に損傷し、タンパク質が尿中に漏れることがあります。これは腎臓の濾過機能の喪失によるもので、尿中のタンパク質濃度が増加します。これがしばしば腎症状の一部として現れます。

問題6:
患者が感染症による敗血症を発症した場合、どの生理学的変化が生命を脅かす可能性が高いですか?

A) 血糖値の上昇
B) 血圧の上昇
C) 血中の白血球数の減少
D) 血中のサイトカインの低下
E) 血液中の酸素濃度の増加

解答: C) 血中の白血球数の減少

解説:
敗血症においては、免疫系が異常に活性化し、全身に炎症反応が生じます。この過程で白血球が過度に消耗され、血中の白血球数が減少します。これにより、患者は感染に対する適切な免疫応答が妨げられ、重篤な合併症や致死的な状態が生じる可能性があります。

問題7:
がん患者が化学療法を受けると、どのような副作用が最も一般的に見られますか?

A) 血小板の増加
B) 免疫機能の向上
C) 髄鞘の形成促進
D) 毛髪の脱落
E) 肝臓機能の増加

解答: D) 毛髨の脱落

解説:
化学療法はがん細胞を攻撃するが、同時に正常な細胞も影響を受けます。毛髪の母細胞は通常急速に分裂するため、これらも影響を受けやすく、毛髪の脱落が一般的な副作用となります。これは、患者の外見に対する心理的な影響も考慮する必要がある重要な副作用の一つです。

問題8:
患者が心不全を経験した場合、どの臓器が通常最初に影響を受ける可能性が高いですか?

A) 肝臓
B) 腎臓
C) 肺
D) 脳
E) 胃

解答: C) 肺

解説:
心不全において、心臓のポンプ機能が低下するため、体内の血液循環が不十分になります。この不全な循環が最初に影響を受けるのは肺です。心不全により、肺静脈圧が上昇し、肺のうっ血が生じることが一般的です。これにより、呼吸困難や肺水腫などの症状が発生します。

問題9:
患者が糖尿病性腎症を発症した場合、通常最初に影響を受ける組織はどこですか?

A) 血管
B) 肝臓
C) 腎臓
D) 筋肉
E) 脳

解答: C) 腎臓

解説:
糖尿病性腎症は、糖尿病患者において腎臓が損傷を受ける合併症です。高血糖が腎臓の機能を損傷し、最初に影響を受けるのが腎臓です。これにより、タンパク質が尿中に漏れ出し、腎機能が低下する可能性があります。

問題10:
患者が慢性閉塞性肺疾患(COPD)を発症した場合、どの症状が最も一般的に見られますか?

A) 発熱
B) 胸痛
C) 呼吸困難
D) 高血圧
E) 皮膚発疹

解答: C) 呼吸困難

解説:
慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、主に喫煙や空気中の有害物質による影響で呼吸器系が損傷し、気流制限が生じる疾患です。最も一般的な症状は呼吸困難であり、特に活動中や労力を要する場面で顕著に現れることがあります。

問題11:
患者が慢性関節リウマチを発症した場合、どの組織が炎症の主要な対象となりますか?

A) 骨
B) 軟骨
C) 筋肉
D) 皮膚
E) 肝臓

解答: B) 軟骨

解説:
慢性関節リウマチは、免疫系が誤って自身の組織を攻撃し、特に関節軟骨に炎症を引き起こします。これにより、関節の炎症、腫れ、痛みが生じ、関節の変形が進行することが特徴的です。

問題12:
患者が脳卒中を発症した場合、最も一般的な原因は何ですか?

A) 脳出血
B) 脳腫瘍
C) 脳動脈瘤
D) 脳梗塞
E) 脳感染症

解答: D) 脳梗塞

解説:
脳卒中の最も一般的な原因は脳梗塞(虚血性脳卒中)です。これは脳の血流が閉塞され、酸素供給が不足する状態です。脳梗塞は主に血管内で血栓や塞栓が形成され、脳血管が閉塞されることによって引き起こされます。

問題13:
患者が心筋梗塞を経験した場合、最も早急に行われる治療法は何ですか?

A) 血液透析
B) 冠動脈バイパス手術
C) 心臓マッサージ
D) 血栓溶解療法
E) 呼吸補助療法

解答: D) 血栓溶解療法

解説:
心筋梗塞では、冠動脈が閉塞されて心筋に血液が供給されなくなります。最も早急に行われる治療法の一つは血栓溶解療法で、これは血栓を溶解させて血流を回復するための治療です。ただし、患者の状態や症状によっては他の治療法が選択されることもあります。

問題14:
患者が膀胱がんを疑われる場合、最初に行われる可能性が高い検査は何ですか?

A) 血液検査
B) 超音波検査
C) 尿検査
D) MRI
E) 病理検査

解答: C) 尿検査

解説:
膀胱がんの初期の診断には、尿検査が一般的に行われます。特に尿中の異常細胞や腫瘍マーカーの有無を確認することが重要です。

問題15:
患者が急性腎不全に陥った場合、最も一般的な原因は何ですか?

A) 肺炎
B) 脳梗塞
C) 高血圧
D) 脱水
E) 胃潰瘍

解答: D) 脱水

解説:
急性腎不全は腎臓の急激な損傷により生じます。脱水は、十分な水分が体内に供給されない状態で、これが腎臓の血流を減少させ、急性腎不全の一因となります。

問題16:
患者が慢性閉塞性肺疾患(COPD)を発症した場合、最も一般的に患者が経験する症状は何ですか?

A) 胸痛
B) 発熱
C) 咳と喀痰
D) 下肢の浮腫
E) 頭痛

解答: C) 咳と喀痰

解説:
COPD患者は通常、慢性的な気管支炎や肺気腫により、咳と喀痰が継続的に発生します。これは気道の炎症と過度な粘液の生成によるもので、患者の生活の質を著しく低下させることがあります。

問題17:
患者が心房細動を発症した場合、最も懸念される合併症は何ですか?

A) 脳卒中
B) 腎不全
C) 肺塞栓症
D) 胃潰瘍
E) 皮膚感染症

解答: A) 脳卒中

解説:
心房細動は心臓の不規則な鼓動を伴う異常な心臓リズムであり、これにより血液が心房内で滞留しやすくなります。滞留した血液中の血栓が脳に至り、脳卒中の原因となる可能性が高まります。

問題18:
患者が2型糖尿病を管理するために行うべき基本的な自己ケアの中で、食事に関して特に重要なのは次のうちどれですか?

A) 過度なアルコール摂取の制限
B) 高脂肪食の増加
C) 糖分の多い飲み物の摂取の増加
D) 食事の時間の不規則さ
E) 大量の食物摂取

解答: A) 過度なアルコール摂取の制限

解説:
2型糖尿病を管理するためには、健康な食事習慣が非常に重要です。アルコールの過度な摂取は血糖値の管理を難しくし、合併症のリスクを増加させる可能性があります。

問題19:
高齢者が転倒しやすい主な要因は何ですか?

A) 睡眠不足
B) 筋力の低下
C) 過剰な食事
D) 高血圧
E) 視力の向上

解答: B) 筋力の低下

解説:
高齢者の筋力は通常減少し、バランスも悪くなることがあります。これが転倒の主な要因となります。適切な運動や筋力トレーニングは転倒予防に役立ちます。

問題20:
患者が慢性腎臓病を抱えている場合、最も適切な尿検査項目は何ですか?

A) 血液尿
B) 尿中の糖分
C) 尿酸濃度
D) 尿中のタンパク質
E) 尿中のビタミンC

解答: D) 尿中のタンパク質

解説:
慢性腎臓病では、腎臓の機能が低下し、尿中にタンパク質が漏れることがあります。したがって、尿中のタンパク質の検査は慢性腎臓病の評価に重要です。

問題21:
患者が慢性閉塞性肺疾患(COPD)を発症している場合、主な治療目標は次のうちどれですか?

A) 気道の拡張
B) 血糖値の調整
C) 血圧の降下
D) 脂質異常症の改善
E) 腎臓機能の維持

解答: A) 気道の拡張

解説:
COPDは気道の狭窄や閉塞が特徴であり、治療の主な目標は気道の拡張です。これは気管支拡張薬や気管支拡張作用を持つ薬物を使用して行われます。

問題22:
患者が心不全を発症した場合、どの臓器が通常最も早く損傷を受ける可能性が高いですか?

A) 肝臓
B) 腎臓
C) 脳
D) 肺
E) 胃

解答: D) 肺

解説:
心不全において、心臓のポンプ機能が低下すると、肺の血液循環が不足し、肺のうっ血が発生することが一般的です。この結果、肺の機能に影響が及び、呼吸困難や肺水腫が発生する可能性があります。

問題23:
患者が潰瘍性大腸炎を患った場合、最も一般的に見られる症状は何ですか?

A) 腹痛と下痢
B) 発熱と頭痛
C) 胸痛と咳嗽
D) 関節痛と腫れ
E) 視力の低下

解答: A) 腹痛と下痢

解説:
潰瘍性大腸炎は消化管の慢性的な炎症を伴い、主に腹痛と下痢が特徴的な症状となります。病状の進行によっては、血便や貧血も見られることがあります。

問題24:
患者が抗生物質を長期間使用した結果、腸内細菌叢が不均衡になり、真菌感染症が発生した場合、これを何と呼びますか?

A) 結膜炎
B) 膣炎
C) 胃炎
D) 髄膜炎
E) 真菌症

解答: E) 真菌症

解説:
抗生物質の長期使用により、腸内細菌叢が破壊され、これに伴って真菌が増殖しやすくなります。これが真菌感染症を引き起こすことがあります。

問題25:
患者が慢性疼痛を抱えている場合、適切な疼痛管理の方法は次のうちどれですか?

A) 長期的な安静
B) 疼痛を無視して活動を続ける
C) 適切な薬物療法とリラクゼーション法の組み合わせ
D) 睡眠を犠牲にしても活動を続ける
E) アルコールの摂取を増やす

解答: C) 適切な薬物療法とリラクゼーション法の組み合わせ

解説:
慢性疼痛の管理には多面的なアプローチが必要です。薬物療法やリラクゼーション法の組み合わせは、効果的な疼痛管理戦略となります。

問題26:
患者が重度の熱傷を負った場合、初期の管理において最も重要なことは何ですか?

A) 冷却処置
B) 抗生物質の投与
C) 傷口の縫合
D) 疼痛管理薬の投与
E) 栄養補給

解答: A) 冷却処置

解説:
重度の熱傷では、まず被傷部位の冷却が急務です。これにより熱傷の進行を抑え、組織への損傷を最小限に抑えることが期待されます。

問題27:
患者が潰瘍性大腸炎の急性発作を経験している場合、どの治療が一般的に行われますか?

A) 抗真菌薬の投与
B) 免疫抑制薬の投与
C) 抗生物質療法の開始
D) 経口ステロイド薬の投与
E) 血栓予防薬の投与

解答: D) 経口ステロイド薬の投与

解説:
潰瘍性大腸炎の急性発作では、炎症を抑えるためにステロイド薬が一般的に使用されます。これにより症状の緩和や病態の安定化が期待されます。

問題28:
患者が高血圧を有する場合、最も初期の段階で推奨されるライフスタイル変更は何ですか?

A) 喫煙の禁止
B) カフェインの制限
C) 食塩の摂取制限
D) 睡眠時間の増加
E) 適度なアルコール摂取

解答: C) 食塩の摂取制限

解説:
高血圧の初期の管理において、食塩の摂取制限は重要です。高塩分の食事は血圧を上昇させる傾向があります。

問題29:
患者が慢性腎臓病を有する場合、どの検査が腎機能を評価するのに特に有用ですか?

A) 血清クレアチニン濃度
B) 尿中の白血球数
C) 血糖値
D) 血液中のナトリウム濃度
E) 尿中のビタミンD濃度

解答: A) 血清クレアチニン濃度

解説:
慢性腎臓病の診断と進行を評価するためには、血清クレアチニン濃度が一般的に使用されます。クレアチニンは腎臓の機能を反映する指標の一つです。

問題30:
患者が慢性肝疾患を有する場合、最も一般的な合併症は何ですか?

A) 肺塞栓症
B) 腎不全
C) 脳卒中
D) 腹部腔内感染
E) 骨折

解答: D) 腹部腔内感染

解説:
慢性肝疾患において、肝臓の機能が低下すると腹水がたまりやすく、これが腹部腔内感染症の発生につながることがあります。

問題31:
患者が心房細動による塞栓症を予防するために処方される薬物は何ですか?

A) 抗凝固薬
B) 利尿剤
C) 降圧薬
D) 抗生物質
E) 抗不整脈薬

解答: A) 抗凝固薬

解説:
心房細動は血栓症のリスクを増加させるため、抗凝固薬が通常処方されます。これにより血液が凝固しにくくなり、塞栓症の予防が期待されます。

問題32:
患者が心筋梗塞のリスクを低減するために、どの生活習慣の改善が勧められますか?

A) 高カロリー食の摂取増加
B) 毎日の適度な運動の実施
C) 喫煙の増加
D) 長時間の座り仕事の継続
E) 睡眠時間の削減

解答: B) 毎日の適度な運動の実施

解説:
心筋梗塞のリスクを低減するためには、毎日の適度な運動が重要です。運動により心臓血管機能が向上し、動脈硬化や血栓形成のリスクが低減します。

問題33:
患者が慢性呼吸器疾患(COPD)を管理するための主な治療法は何ですか?

A) 抗生物質の投与
B) 喘息吸入薬の使用
C) 抗真菌薬の投与
D) 抗炎症薬の摂取
E) 利尿剤の使用

解答: B) 喘息吸入薬の使用

解説:
COPDの主な治療法には、喘息吸入薬が含まれます。これにより気道の拡張が促進され、呼吸が楽になります。

問題34:
高齢者が骨粗鬆症のリスクを軽減するために特に重要な栄養素は何ですか?

A) ビタミンC
B) カルシウム
C) ビタミンD
D) 鉄分
E) マグネシウム

解答: C) ビタミンD

解説:
骨粗鬆症のリスクを軽減するためには、十分なビタミンDの摂取が重要です。ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、骨の健康を維持するのに役立ちます。

問題35:
患者が糖尿病による神経障害(神経症状性疾患)を発展させた場合、最も一般的に影響を受けるのはどの種類の神経ですか?

A) 末梢神経
B) 中枢神経
C) 自律神経
D) 交感神経
E) 体性神経

解答: A) 末梢神経

解説:
糖尿病による神経障害は通常、末梢神経に影響を与えます。これにより手足のしびれや痛みが発生し、感覚や運動の障害が起こることがあります。

問題36:
患者が高血圧を管理するための薬物治療において、一般的な降圧薬の一つは何ですか?

A) アスピリン
B) イブプロフェン
C) レボフロキサシン
D) ロサルタン
E) グリメピリド

解答: D) ロサルタン

解説:
ロサルタンは、高血圧治療に用いられる薬物の一つで、アンジオテンシンII受容体拮抗薬に分類されます。これは血圧を下げる効果があります。

問題37:
患者が急性冠症候群を経験した場合、最も早期に行われる治療は何ですか?

A) 冠動脈バイパス術
B) 内視鏡検査
C) 冠動脈造影
D) 心臓ペースメーカーの挿入
E) 心臓移植

解答: C) 冠動脈造影

解説:
急性冠症候群の初期治療においては、冠動脈造影が一般的に行われます。これにより冠動脈の狭窄や閉塞を確認し、必要な場合は治療が行われます。

問題38:
患者が心不全の症状を軽減するために使用される薬物は何ですか?

A) 抗凝固薬
B) 利尿剤
C) 抗不整脈薬
D) 降圧薬
E) 抗生物質

解答: B) 利尿剤

解説:
心不全の症状を軽減するためには、利尿剤が一般的に使用されます。これにより余分な体液が排泄され、体重や浮腫が減少することが期待されます。

問題39:
患者が糖尿病による低血糖症状を経験した場合、最も速やかな対応は何ですか?

A) 積極的な運動の促進
B) 空腹時の血糖値測定
C) 砂糖摂取
D) 高タンパク質の食事
E) インスリンの追加摂取

解答: C) 砂糖摂取

解説:
糖尿病による低血糖症状が現れた場合、速やかに砂糖を摂取することが重要です。これにより血糖値が上昇し、症状が改善されます。

問題40:
患者が慢性腎臓病を有する場合、どの栄養素の摂取制限が一般的に推奨されますか?

A) タンパク質
B) 炭水化物
C) 脂質
D) ビタミン
E) ミネラル

解答: A) タンパク質

解説:
慢性腎臓病患者において、タンパク質の過剰摂取は腎臓に負担をかけることがあります。したがって、一般的にはタンパク質の摂取制限が推奨されます。

問題41:
患者が慢性関節リウマチを有する場合、どの治療法が通常最初に試みられますか?

A) 抗生物質療法
B) 抗炎症薬の投与
C) 抗がん剤の使用
D) 免疫抑制薬の投与
E) 外科手術

解答: B) 抗炎症薬の投与

解説:
慢性関節リウマチの初期治療には、通常、抗炎症薬が試みられます。これにより炎症や関節の腫れを軽減し、症状の進行を遅らせることが期待されます。

問題42:
患者が鬱病を患った場合、最初に試みられる一般的な治療法は何ですか?

A) 抗精神病薬の投与
B) 抗不安薬の使用
C) 抗うつ薬の処方
D) 睡眠薬の処方
E) 認知行動療法

解答: C) 抗うつ薬の処方

解説:
鬱病の治療において、一般的には抗うつ薬の処方が最初に試みられます。これにより脳内の神経伝達物質のバランスが調整され、抑うつ症状が改善されることが期待されます。

問題43:
患者が心筋梗塞を経験した後、リハビリテーションプログラムで特に重視される要素は何ですか?

A) 体重減少
B) 血圧の低減
C) 適切な栄養摂取
D) 運動療法と生活習慣の改善
E) 薬物療法の厳格な遵守

解答: D) 運動療法と生活習慣の改善

解説:
心筋梗塞後のリハビリテーションプログラムでは、運動療法と生活習慣の改善が特に重要です。これにより心臓の健康が促進され、再発リスクが低減します。

問題44:
患者が糖尿病性腎症を有する場合、どの検査が腎機能の評価に特に有用ですか?

A) 尿中のタンパク質濃度
B) 血清クレアチニン濃度
C) 尿中の赤血球数
D) 血液中の尿素濃度
E) 血糖値

解答: A) 尿中のタンパク質濃度

解説:
糖尿病性腎症の評価において、尿中のタンパク質濃度が重要です。高血糖状態が腎臓に影響を与え、タンパク質が尿中に漏れることがあるためです。

問題45:
患者が慢性閉塞性肺疾患(COPD)を有する場合、酸素療法が推奨される主な理由は何ですか?

A) 感染予防
B) 喀痰排泄の促進
C) 運動能力の向上
D) 低酸素血症の緩和
E) 呼吸筋の強化

解答: D) 低酸素血症の緩和

解説:
慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、低酸素血症が一般的です。酸素療法は低酸素血症を改善し、組織への酸素供給を促進します。

問題46:
患者が心房細動による血栓症予防のために処方される薬物は何ですか?

A) 抗凝固薬
B) 利尿剤
C) 降圧薬
D) 抗不整脈薬
E) 脱水療法

解答: A) 抗凝固薬

解説:
心房細動は血栓症のリスクを増加させるため、抗凝固薬が通常処方されます。これにより血液の凝固が阻害され、血栓の形成が予防されます。

問題47:
患者が慢性肝疾患による合併症を予防するために避けるべき飲み物は何ですか?

A) コーヒー
B) ビール
C) 果物ジュース
D) 牛乳
E) 緑茶

解答: B) ビール

解説:
慢性肝疾患患者はアルコールを避ける必要があります。ビールなどのアルコール飲料は肝臓に負担をかけ、合併症を引き起こす可能性があります。

問題48:
患者が糖尿病による合併症の予防のために特に注意すべき栄養素は何ですか?

A) ビタミンC
B) ビタミンB12
C) ビタミンA
D) マグネシウム
E) ビタミンK

解答: D) マグネシウム

解説:
糖尿病による合併症の予防において、マグネシウムは重要な栄養素です。マグネシウムの十分な摂取は糖尿病患者の健康をサポートし、合併症のリスクを軽減することが期待されます。

問題49:
患者が慢性腎臓病を有する場合、どのような飲み物の摂取が推奨されますか?

A) コーヒー
B) 緑茶
C) 炭酸飲料
D) 牛乳
E) 果物ジュース

解答: B) 緑茶

解説:
慢性腎臓病患者において、緑茶の摂取は通常安全であり、抗酸化作用があります。ただし、摂取量は適切な範囲に注意する必要があります。

問題50:
患者が慢性関節リウマチの治療において抗炎症薬の投与を受けている場合、定期的なモニタリングが必要なのは次のうちどれですか?

A) 血液中の尿素濃度
B) 血糖値
C) 血清クレアチニン濃度
D) 血圧
E) 血中カリウム濃度

解答: C) 血清クレアチニン濃度

解説:
抗炎症薬の投与により腎機能に影響を及ぼす可能性があるため、患者の腎機能をモニタリングするためには血清クレアチニン濃度の定期的な測定が重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました