7月の夏本番!快適に過ごすための健康管理ガイドガイド【屋内での快適環境作り編】

その他

7月は夏本番を迎え、厳しい暑さが続く季節です。外出時の熱中症対策も重要ですが、屋内での快適な環境作りも同様に大切です。特に長時間過ごす室内では、適切な温度・湿度管理や質の良い睡眠、心地よい空間の確保が健康維持の鍵となります。本記事では、7月を快適に過ごすための屋内での健康管理方法を具体的に紹介し、読者が夏を健康的に乗り切るための実践的なアドバイスを提供します。

屋内の温度管理術

夏の暑さを乗り切るためには、屋内の温度管理が非常に重要です。エアコンの適切な使い方を知ることで、快適な室温を保ちつつ、電気代の節約にも繋がります。まず、エアコンの温度設定ですが、一般的に推奨される設定温度は26~28℃です。この温度設定は、体感温度を下げつつ、過度な冷却を防ぎ、エネルギー消費を抑える効果があります。

エアコンを効率的に使うためには、タイマー機能の活用が鍵です。特に夜間は、寝入りばなの涼しさを確保するために、エアコンをタイマーで数時間動かす設定にし、その後は自然な冷気で快適な睡眠をサポートします。また、エアコンのフィルターを定期的に清掃することで、冷却効率を高め、室内の空気質を保つことができます。

エアコンだけでなく、扇風機やサーキュレーターを併用することも効果的です。これらの機器は、部屋全体の空気を循環させることで、冷気を均等に行き渡らせ、エアコンの設定温度を高めに設定しても快適に過ごせる環境を作り出します。特にサーキュレーターは、エアコンの風を遠くまで送り届けるために役立ち、エアコンの冷気が部屋全体に行き渡るようにサポートします。

窓やカーテンの使い方にも工夫が必要です。日中は直射日光を避けるために、遮熱カーテンを使用することが推奨されます。これにより、室温の上昇を防ぎ、エアコンの負荷を軽減できます。また、窓の外にすだれやシェードを設置することも効果的です。これらは直射日光を遮り、室内への熱の侵入を防ぐ役割を果たします。

さらに、自然の風を利用するために、朝夕の比較的涼しい時間帯に窓を開けて換気を行うことも大切です。これにより、室内の空気を入れ替え、フレッシュな空気を取り込むことができます。

これらの方法を組み合わせることで、屋内での温度管理を効率的に行い、夏の暑さを快適に乗り切ることが可能となります。

★日立 白くまくん RAS-AJ22N(W) [スターホワイト]

おすすめポイント!!

■狭いスペースにもすっきり収まるコンパクト設計のシンプルエアコン、AJシリーズの2023年モデル(おもに6畳用)。
■外気温10度(室内温度16度)から使える「ソフト除湿」を搭載。「エアコン内部クリーン」をセットしておくと冷房・除湿運転後に自動でエアコン内部を乾燥。
■運転の停止または開始をセットできる「切or入タイマー」付き。「シーズン前自動点検」により、冷房シーズン前に自動で故障部分を点検できる。

★ダイキン S223ATES-W [ホワイト]

おすすめポイント!!

■「ストリーマ」を搭載し、「水内部クリーン」も備えたスタンダードモデルのエアコン、Eシリーズの2023年モデル(おもに6畳用)。
■「ストリーマ内部クリーン」を搭載し、冷房・除湿運転の停止後、自動的にストリーマ照射と送風・暖房で乾燥を行う。
■「寒すぎ・暑すぎ」を検知して自動運転する「室温パトロール」を搭載。集じんフィルターに抗ウイルス作用のあるフィルターを採用。

★パナソニック エオリア CS-223DFL-W [クリスタルホワイト]

おすすめポイント!!

■「快速」制御(「立ち上げ時」温度シフト)を搭載したスタンダードモデルのエアコン、Fシリーズの2023年モデル(おもに6畳用)。
■猛暑に強い室外機を採用し外気温50度でも冷房パワーを持続。はじめは冷房、室温が設定温度に近づくと弱く冷やしながら除湿する「冷房除湿モード」を搭載。
■エアコン内部を自動で手間なく清潔にする「内部クリーン」、冷房や除湿で発生した水が汚れを洗い流す「親水コーティング(熱交換器)」を採用している。

室内の湿度管理術

夏の室内で快適に過ごすためには、温度管理と同様に湿度管理も重要です。湿度が高いと不快感が増し、体感温度も上昇します。適切な湿度を保つことで、快適さが大幅に向上し、健康維持にも繋がります。理想的な室内湿度は40〜60%とされています。この範囲を保つための具体的な方法を紹介します。

まず、除湿機やエアコンの除湿機能を活用しましょう。これらの機器は、室内の余分な湿気を取り除き、快適な環境を保つのに役立ちます。特に、湿度が高い梅雨や真夏の時期には、除湿機を定期的に使用することで、湿度を効果的にコントロールできます。エアコンの除湿機能も便利で、冷房と併用することで、涼しく、かつ湿気の少ない快適な空間を作り出します。

室内の換気も湿度管理において重要です。窓を開けて新鮮な空気を取り入れ、湿気を外に逃がすことが効果的です。特に朝晩の涼しい時間帯に窓を開けて換気を行うと、外気を取り入れることで室内の湿度が下がりやすくなります。また、換気扇や排気ファンを利用して、湿気が溜まりやすい場所(キッチンやバスルームなど)を重点的に換気することも重要です。

観葉植物も湿度管理に役立ちます。一部の観葉植物は、湿度を調整する効果があり、インテリアとしても美しく部屋を飾ってくれます。例えば、サンセベリアやポトスなどの植物は、室内の湿度を吸収し、適度な湿度を保つ手助けをしてくれます。

また、日常生活の中で湿度を上げない工夫も必要です。例えば、料理の際には換気扇を使用し、シャワーやお風呂の後にはバスルームの換気を十分に行うことで、湿度の上昇を抑えます。洗濯物は室内ではなく、できるだけ屋外で干すようにすると、室内の湿度を高めることを避けられます。

これらの方法を組み合わせて、室内の湿度を適切に管理することで、夏の暑い時期でも快適で健康的な生活環境を保つことができます。湿度管理は、快適さだけでなく、カビやダニの発生を防ぐためにも重要です。

★シャープ CV-P71

おすすめポイント!!

■コンパクトタイプのコンプレッサー方式衣類乾燥除湿機。部屋干し衣類の嫌な臭いを抑制しながら、しっかり衣類を乾燥する。
■ルーバーを1番下向きにすると、脱衣所のマット、カーペットや床、窓ガラスの敷居などの足元周りにもプラズマクラスターイオンと除湿された風が届く。
■軽量&コンパクトなため、使いたい場所に手軽に持ち運べる。本体にホースをつなげば連続排水が可能で、たまった水を捨てに行く手間が省ける。

★シャープ CV-PH140

おすすめポイント!!

■「プラズマクラスター25000」を搭載したハイブリッド方式衣類乾燥除湿機。独自のハイブリッド方式により、気温に左右されずパワフルに除湿できる。
■広角ワイドルーバーで、広範囲に干した洗濯物にもしっかり風を届けてスピード乾燥。本体の内部に残った水分を乾燥させる「内部乾燥」を搭載。
■「プラズマクラスター25000」が部屋干し衣類の嫌な臭いを素早く消臭し、付着菌や付着ウイルスにも対応。本体にホースをつなげば連続排水が可能。

★ペペロミア

おすすめポイント!!

肉厚のツヤがある葉が特徴的なペペロミア。寒さに弱いため、日当たりが適度にある室内で育てるのが基本です。

水やりは週1程度で構いませんが、寒さや乾燥には気を配る必要があります。

キッチンのすき間やベッドサイドなど小さなスペースに置いてアクセントにするといいでしょう。

風水では、気を静めたり調和したりする陰の気があるとされています。

★モンステラ

おすすめポイント!!

トップクラスの人気を誇る観葉植物、モンステラ。原産地は熱帯地域やハワイで、切れ込みの入った大ぶりでエキゾチックな葉の形が特徴的です。

個性的で美しく、存在感のある形なので、インテリアにピッタリ。耐陰性が強いので育てやすく、水やりの頻度もそれほど高くありません。直射日光が当たらない、ある程度日当たりの良い場所に置くとベターです。

モンステラには、「壮大な計画」と「嬉しい便り」、「深い関係」の3つの花言葉があります。先行きの明るさや深い愛情といった意味合いから、プレゼントにも最適です。

水分補給と食事管理術

夏の暑さを乗り切るためには、適切な水分補給とバランスの取れた食事が不可欠です。特に高温多湿な7月には、体内の水分が失われやすく、熱中症のリスクが高まります。ここでは、水分補給と食事に関する具体的なポイントを紹介します。

まず、水分補給の重要性についてです。人間の体は約60%が水分で構成されており、水分の不足は体調不良の原因となります。夏場には、一日あたり最低でも1.5リットルから2リットルの水分摂取が推奨されます。水やお茶はもちろん、スポーツドリンクも効果的です。スポーツドリンクには、汗で失われた電解質(ナトリウム、カリウムなど)が含まれており、体の水分バランスを保つのに役立ちます。ただし、糖分の多い飲料は摂取量に注意が必要です。

次に、夏バテを防ぐための食事についてです。バランスの取れた食事は、体力を維持し、暑さに負けない体を作るために重要です。夏場には特に、ビタミンやミネラルを豊富に含む食材を積極的に摂取することが大切です。例えば、トマトやキュウリ、ナスなどの夏野菜は、水分が多く含まれているため、体を冷やしながら栄養を補給できます。

また、食欲が落ちやすい夏には、消化に良い食事を心がけると良いでしょう。例えば、そうめんや冷やしうどん、冷たいスープなどは食べやすく、栄養も取りやすいです。さらに、梅干しやシソなどの食材は、食欲増進や疲労回復に効果的です。

タンパク質の摂取も忘れずに。鶏肉や魚、大豆製品などを取り入れることで、体力を維持し、筋肉の修復を助けます。また、ヨーグルトや納豆などの発酵食品は、腸内環境を整える効果があり、免疫力の向上に繋がります。

夏場の食事では、塩分の摂取も重要です。汗で失われた塩分を補うために、適度に塩分を含む食品を摂ることが推奨されます。ただし、過剰な塩分摂取は健康に悪影響を与えるため、バランスが重要です。

以上のように、適切な水分補給と栄養バランスの取れた食事を心がけることで、夏の暑さを乗り切り、健康を維持することができます。

★新潟県 柏崎市 ふるさと納税

【期間限定・数量限定】やたえいのうが心を込めてつくった野菜セット

収穫したての新鮮な野菜を直送。
収穫時期に合わせて旬な野菜7~8種類を厳選しますので、何が届くかはお楽しみに。

【お届け野菜例】
・なす、きゅうり、玉ねぎ、じゃがいも、枝豆、とうもろこし、トマト、にんじん、ピーマン、まくわうり 等

★ファンケル マルチビタミン&ミネラル

おすすめポイント!!

22種類のビタミン・ミネラルを補うサプリメント。
現代人に大切な22種類のビタミン・ミネラルなどをバランスよく補えます。毎日摂るのが難しいビタミン12種類とミネラル9種類・コエンザイムQ10を効率よく配合。さらに、ビタミンをサポートする籐茶ポリフェノール、吸収されにくいカルシウムのためにポリグルタミン酸を配合しています。

★三栄コーポレーション Vitantonio | ヨーグルトメーカー | VYG-30

おすすめポイント!!

まろやかで口当たりがよく高評価!毎日食べられるベストバイ。

風味は、まろやかでクセのない仕上がりに。フルーツを入れたりハチミツをかけたりと、好みのヨーグルトにカスタマイズできますよ。ただし、酸味が弱いので、さっぱりした味が好みの人は物足りなさを感じるかもしれません。

操作性は、作りたいヨーグルトを選ぶだけで、時間・温度を設定できる自動メニュー機能が好印象でした。英語表記なので、どのボタンで何を設定するのか説明書を読む必要はありますが、解説が丁寧なのですぐに使えるでしょう。

欠点の少ない本商品は、毎日ヨーグルトを食べたい人におすすめ。付属品には、低温調理の方法などが載ったレシピブックがあるため、ヨーグルト以外の調理に活用したい人にもぴったりですよ。

★幸栄堂製菓 美ら海 塩サイダー飴

沖縄の塩を使用!ストックにうれしい大容量パック。
夏の塩分補給に役立てたい塩サイダー飴です。1袋に約250個入っている業務用パック。沖縄の塩・シママースを使用しているのが特徴です。

睡眠環境の整備術

夏の暑さの中でも質の良い睡眠を確保するためには、睡眠環境の整備が重要です。ここでは、快適な睡眠をサポートする具体的な方法を紹介します。

まず、寝室の温度管理です。最適な睡眠温度は、一般的に20〜22℃とされています。エアコンを使用して適切な温度に設定し、タイマー機能を活用して夜間の温度を一定に保つようにしましょう。扇風機やサーキュレーターを併用すると、冷気が部屋全体に行き渡り、より快適な環境を作り出せます。また、寝具の選び方も重要です。通気性の良いリネンやコットン素材のシーツやパジャマを選び、湿気を逃がしやすくすることで、寝汗を防ぎます。

次に、寝室の暗さと静けさを保つことが大切です。遮光カーテンを使用して外からの光を遮り、部屋を暗く保つと、メラトニンの分泌が促進され、自然な眠りに繋がります。また、静かな環境を整えるために、耳栓やホワイトノイズマシンを活用して、外部の騒音を遮断することも効果的です。

さらに、就寝前のルーティンも見直しましょう。リラックスできる習慣を取り入れることで、スムーズに眠りにつくことができます。例えば、就寝前に温かいお風呂に入ると、体温が一時的に上がり、その後の体温低下が自然な眠気を誘います。また、ストレッチや深呼吸、軽い読書などもリラックス効果があります。避けたいのは、就寝前のスマートフォンやパソコンの使用です。ブルーライトは覚醒を促し、睡眠の質を低下させるため、寝る前の1時間はデジタルデトックスを心がけましょう。

最後に、睡眠のサイクルを整えるために、規則正しい生活リズムを保つことが大切です。毎日同じ時間に就寝し、同じ時間に起床することで、体内時計が整い、深い眠りを得やすくなります。週末でも極端な寝坊や夜更かしは避け、一定のリズムを維持することが重要です。

これらの方法を実践することで、夏の暑さの中でも快適な睡眠環境を整え、質の良い睡眠を確保することができます。

★東芝エルイートレーディング TOSHIBA | スタンド型サーキュレーター | TFC-23Y25-W

おすすめポイント!!

温度に応じて風量を自動調整!操作の手間が少ない高性能機。
東芝の「スタンド型サーキュレーター 」は、上下左右に回転する3D首振りと室温センサーによる風量の自動調節ができる商品。ベビーモードを搭載しており、就寝時に心地よい風を出せる点も魅力です。

分厚い羽根から非常に強い風がまんべんなく広がり、検証した商品のなかでトップクラスの風力でした。また微風から強い風まで12段階の風量設定ができるため、自分の体感に合わせてぴったりの風量に調節できます。

★ドウシシャ kamomefan | Kamomefan+c lite | K-F25AYCGD

おすすめポイント!!

涼しいだけじゃない!静音性や持ち運びにも優れたベストバイ。

生活家電からファッション雑貨まで幅広く展開するドウシシャの「Kamomefan+c lite」。今年から「+c シリーズ」としてリニューアルされました。新開発の羽により、従来のようなキメの細かい風をより遠くまで届けられると謳っています。

特筆すべきは、昨年モデルからさらにパワーアップした風量。強モードの風は非常に強く、中心から全体にかけてまんべんなく風が行き渡り、じめじめとした暑さを吹き飛ばす風量の強さを見せました。

★スタンフォード式 最高の睡眠

おすすめポイント!!

忙しいビジネスパーソン向けの睡眠メソッド。

【本書の内容】

・「睡眠負債」の恐怖

・こんな夢をみたときは要注意

・「○○風呂」なら、もっとぐっすり眠れる

・好きなだけ寝ても、寝不足解消には3週間かかる

など。眠りにまつわるすべてをこの一冊に集約しています。

成果を出したいビジネスマン必読の睡眠本!

心地よい空間作り

夏の暑さの中で快適に過ごすためには、心地よい空間作りが欠かせません。心地よい空間は、リラックス効果を高め、ストレスの軽減に役立ちます。ここでは、そのための具体的な方法を紹介します。

まず、アロマテラピーの活用です。リラックス効果のある香りを取り入れることで、心地よい空間を演出できます。例えば、ラベンダーやペパーミント、シトラス系のエッセンシャルオイルは、爽やかでリラックス効果があり、夏にぴったりです。アロマディフューザーやアロマキャンドルを使用して、お好みの香りを楽しんでください。

次に、照明の工夫も重要です。昼間は自然光を最大限に活用し、夜間は暖色系の間接照明を取り入れると、リラックスしやすい空間を作れます。例えば、スタンドライトやフロアランプを使い、直接的な強い光を避け、柔らかい光で部屋を照らすことがポイントです。

音楽も心地よい空間作りには欠かせません。リラックスできるBGMを選び、心を落ち着ける音楽を流すことで、ストレスを軽減できます。自然音やゆったりとしたインストゥルメンタルミュージックなどが特におすすめです。最近では、白色雑音(ホワイトノイズ)を利用して、外部の騒音を遮断しつつリラックスできる環境を作ることも一般的です。

さらに、部屋の整理整頓も重要です。散らかった部屋はストレスを増大させる原因となるため、シンプルで整然とした空間を保つことが大切です。必要のない物は片付け、清潔な状態を維持することで、心地よさが向上します。収納スペースをうまく活用し、必要な物だけを取り出しやすい場所に配置しましょう。

観葉植物を取り入れることも効果的です。グリーンは視覚的に癒しを与え、室内の空気を清浄化する役割も果たします。サンスベリアやポトス、エアプランツなど、手入れが簡単で空気浄化作用のある植物を選ぶと良いでしょう。

これらの方法を実践することで、夏の暑さの中でも心地よい空間を作り出し、リラックスした毎日を過ごすことができます。

★nahrin(ナリン) ハーブオイル33+7 ロールオン

おすすめポイント!!

ロールオンタイプでとても使いやすい♪外出先でちょっとすっきりしたいときとか、香りを付けたいときに◎

ハーブオイル33+7にサンフラワーオイルを加え保湿効果をプラス。40種類のアロマが織りなす絶妙な香り、そして塗った直後に体感できるフレッシュ感をそのままに、こめかみや首・肩まわりはもちろんのこと、ハンド・ネイルケアからフットケアまで広くお使いいただけます。

ハーブオイル33+7 ロールオンはポケットに収まるほどコンパクトながらもしっかり使える10mlサイズ。外出先でさっとお使いになりたいときやハーブオイル33+7のお試しとしてもぴったりです。ギフトにも。

★無印良品(MUJI) エッセンシャルオイル おやすみブレンド

おすすめポイント!!

おやすみ前のリラックスタイムにおすすめなベルガモット、スウィートオレンジ等をブレンド。

ゆったりと落ち着きのある香りで、イライラした日や落ち込んだ日のリフレッシュにもかなりオススメです。枕に1〜2滴たらすのがオススメ!

★VENTOTA LEDフロアスタンドライト

おすすめポイント!!

洗練されたデザインの3灯フロアライト。リモコンで操作できる。
室内を上質な空間へ導く、洗練されたデザインの3灯フロアライトです。横置き時はベースに乗せるだけで、本体までしまえて光源を隠せます。離れているときはリモコンで、急ぎの際はフットスイッチで操作できますよ。

★VENTOTA Fine Kagu | フロアライト Luino | fll-Luino

おすすめポイント!!

洗練されたデザインのLED対応3灯フロアライト。
ランプシェードがスチール製の格子になっている洗練されたデザインのLED対応3灯フロアライト。 3つのシェードはそれぞれ独立して動かすことができ、約300度回転します。照明の電源ON・OFFができるフットスイッチを搭載しており、コンセントを抜き差しする必要がありません。

★サンスベリア・ゼラニカ

おすすめポイント!!

サンスベリア・ゼラニカは、葉が多肉質で乾燥に強い観葉植物です。季節で異なりますが、お水やりの頻度が月に1〜4回ほどとお世話が楽なので初心者にも適しています。生長がゆっくりなため、そこまで大きさを求めていない方にもおすすめです。

★エアープランツ 光触媒

おすすめポイント!!

■土も水もいらない造花なので、日々のお手入れが不要
■「光触媒加工」によって有害物質を吸着・分解してくれるから、部屋の空気が気になる方におすすめ
■器とセットになっているため、デスクの上などに手軽に置ける

「植物を育ててたけど水やりが大変」という方も多いと思います。

こちらはなんと造花のエアープランツなので、土も水もいらない造花ならその心配もありません。陶器の器とセットになっているため、窓際やデスクの上など、手軽に置いておけるのもポイント。値段が安いのも嬉しいですね。

家に緑を取り入れたいけど、お手入れが面倒といった人にこそおすすめのエアープランツです。

まとめ

夏の暑さを快適に過ごすためには、室内環境の整備が欠かせません。適切な温度管理や湿度管理、水分補給とバランスの取れた食事、質の良い睡眠環境の整備、そして心地よい空間作りを意識することで、健康的な生活を維持できます。エアコンや扇風機、除湿機の活用、アロマテラピーや観葉植物の取り入れなど、簡単に実践できる方法を取り入れて、暑い夏を乗り切りましょう。これらの工夫を日常生活に取り入れることで、快適でリラックスした夏を過ごせるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました